◆「1つ」に絞ってみる。【実践編】

前回、「1つ」に絞ってみる。と書きましたが、
ただ単に紹介する商品を「1つ」にしてもほとんど意味はありません。

 
一番大事なのは、
たくさんの商品の中から「1つ」を選んでいる。
ことが伝わるようにすることです。

もちろん、
「たくさんの商品の中から厳選して商品を選んで紹介しています。」
なんて書いても、それこそほとんど無意味だと思っています。

書かなくても、そう思わせることが必要です。

その方法は、この日記の過去の方で長々と書いてきているつもりですので、ぜひご覧下さい。
矢印 過去の日記一覧(最初の方から読んでいただけるほうがわかりやすいです。)


どうすればいいかわからないという方は、とりあえず↓の流れで進めるとよいと思います。

(1)まず、商品(ジャンル)を「1つ」に絞る。(前回の内容)

(2)その商品(ジャンル)に関わることを、ちょっとずつでもいいので書いていく。


(2)で書いた内容が増えていくと、自然と紹介する商品の購買率もアップしていきます。


で、紹介している商品が安定して売れ出したら、(1)に戻って新たな商品を探す。

こんな感じで進めていくと、いい感じに収入もアップしていくと思います。


前回、書いた「持論」の逆パターンですが、

1つの商品を紹介できる人が、2つの商品を紹介することは比較的簡単です。

まずは、「0」を「1」にする。
これが一番大事な考え方です。



caffe_mocha at 00:00│Comments(0)TrackBack(0)アフィリエイト講座 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔