◆「疲れさせない工夫。」をしよう。

本日の「平成・進化論。」を読んでビックリ。
あの鮒谷さんが「ディズニーランド」まで、視察に行ったそうです。

「たくさんの新しい気付きや発見がありました。」と書いてありました。
鮒谷さんほどの方が、いったいどんな「気付き」を得られたんだろう。

すごい聞いてみたい!!でも、そんな機会はまったくないけど(汗)


【本題】「疲れさせない工夫。」をしよう。

「ディズニーランド」の「リピートを生む感動設計の方法」の1つに「ゲストを疲れさせない。」というものがあります。
(「リピートを生む感動設計の方法」という言葉は、「平成・進化論。」からお借りしました。)

「パーク」のいたるところに、ベンチがあるというのもその工夫の1つですし、
一番すごいと思ったのは、地面に弾力性のある素材を使うことで、足を疲れさせないという工夫をしていることです。

「疲れないから、帰らない。」、滞在時間を延ばすための、素晴らしい「からくり」です。


逆に、「喫茶店」などは、「うまく疲れさせる。」ことで売り上げアップを図っているところもあるそうです。

大音量で音楽を流しているのは、音楽を聞いて欲しいというだけでなく、
「疲れさせて、回転をよくする。」という戦略の意味もあるそうです。

あまり心地よすぎると、客の回転が悪く儲からないからですね・・・。

もちろん、音楽によって、不愉快になってしまったら、本末転倒なので、
「不愉快」と「心地よい」のギリギリのラインで音量を考えているのだと思います。


話がそれちゃったので、戻します(笑)


ホームページでも、「疲れさせない工夫」をすることがとっても大事だと考えています。
見ただけで疲れちゃうホームページなんか二度と行きたくないですよね?


ホームページで、どんなとき「疲れた。」と感じるか・・・。

・字が小さくて読みにくい。
・クリックしても目的のコンテンツにつかない。

これにつきます(汗)

実は、今まであんまり気にしていなかったのですが、「小さい文字」はかなり、疲れさせてしまう原因になります。
てゆうか、最近、みんなで身をもって体験していると思います(笑)。
(単純な慣れかも知れませんが・・・。)

クリックについても書いたままです。クリックして目的の情報につかないとかなり疲れます。


私はせめて、「トップ」と「日記」の文字くらいは見やすいサイズにしようと思います。(鋭意作業中。)
クリックについては、「楽天日記」では特に何もしなくても大丈夫!?

もちろん、「疲れさせない工夫」は「文字の大きさ」だけではなく、たくさんあります。

ぜひ、訪問者を「疲れさせない工夫」について考えて見ましょう!!



caffe_mocha at 00:00│Comments(0)TrackBack(0)アフィリエイト講座 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔