魔法にかけられて

魔法にかけられて

ディズニー映画「魔法にかけられて」を観てきました。

おとぎの国のお姫様がニューヨークに迷いこんでしまったお話です。

キャッチコピーが「それは、ディズニー史上最も“アリエナイ”魔法」とのことですが、その言葉どおり、今までのディズニーでは“アリエナイ”内容です。

おとぎの国の人々が、ニューヨークにきても、おとぎ話では当たり前なことを、
現代でも実行してしまい、周りの人を困らせたり、怒らせたり、そして幸せにしたりします。
(その描写がディズニーのセルフパロディーで笑えます。)


真のディズニーファン(例えば、「ミッキーの中に人なんかいない!」と本気で思っている人)が観たら、怒ってしまうのではないか?と心配してしまいます(笑)


で、パッと見は、お笑いたっぷりの内容ですが、実は、
自分を抑えて、周りの環境に合わせるだけでなく、自分らしさを出して周りを変えていくことも大切。
ってことも、この映画のメッセージの1つかなぁと思います。


詳しい内容は実際に映画を観てのお楽しみですが、
ディズニーは大好きで、且つ、冗談のわかるの人には、ぜひ見て欲しいですね。
(個人的には、吹き替え版がオススメです。)

caffe_mocha at 00:12│Comments(0)TrackBack(0)カフェモカの日記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔